益田ドライビングスクール|企業名|人本経営企業のベンチマーク|株式会社シェアードバリュー・コーポレーション

人本経営企業のベンチマーク

益田ドライビングスクール

益田ドライビングスクール編

島根、松江から車で延々3時間は優に車に揺られて、ようやく目的地益田ドライビングスクール(Mランド)に辿りつきました。島根という辺鄙な、そのまた果てにある自動車教習所に若者がわんさか押しかけて、その数年間6000人。とうとう日本でいちばん集客する教習所にまで繁栄しました。

何故、ここが選ばれているのでしょうか。

Mランドの特徴は「運転だけでなく心も磨く」としています。駐車場から玄関に行く道すがら、いかにも今どきといった感じの若者たちから、次々と「こんにちは!」と声が掛けられました。これが噂の挨拶かと実感しました。

ランドといっていますが、そこはもう別の国でした。実際、ここでは独自通貨「Mマネー」が発行されていて、教習生は卒業までの15日間、飲み物を買うのも、売店で日用品を購入するにも、テニスをするにも、岩盤浴に入るにも独自通貨をもっていないと生活が出来ないのです。

1ダラーは100円の価値に相当します。ちなみに缶コーヒーは1.2ダラー、日用品・雑貨等は1~19ダラー、テニスは2ダラー、岩盤浴は3ダラーと料金設定されていました。このMマネーは、ランド内でボランティア活動をしたり、誰かからサンキューカードをもらうなど貢献や感謝の行動をすることで得ることが出来ます。ちなみにトイレ掃除をすると初回に12ダラー、2回目以降は5ダラー、誰かに感謝をおくるサンキューレターを投函すると1ダラーをゲットすることが出来ます。

人間力がUPする教習所

実際にトイレ掃除をした教習生はこんな感想を寄せています。

今日は「校内掃除に学ぶ会」に参加させていただきありがとうございました。朝早く起きるのはつらいと思っていましたが、その分すがすがしい気持ちを感じることができました。早く起きた分、一日が長く感じ、有意義な時間でした。掃除することは、自分も気分がすっきりするし、そこを使う人もいい気分になってもらうこともでき、すごいことだと思います。また、普段自分が何気なく使っている、駅や道路、学校でも自分の為に掃除してくれている人達の存在を改めて実感し、もっと感謝の心を持とうと思いました。今日は本当にありがとうございました。(普通MT車 女性 22才)

教習所に車の運転免許を取りにきて、トイレ掃除をして感謝の心を学ばされるとは驚きです。これだけではありません。Mランドではたくさんのイベントが用意されていて、チームワークの大切さや達成感、また仲間との絆づくりの体験など免許を取得するまでの間に集団生活で大切な利他の心を学んで卒業していくのです。

ただ単に免許を取るだけでなく、人としての人間力をUPさせることができる教習所だったのです。見事に有効供給(他にはない唯一性)を生み出していたのです。

創業の動機も「利他」

益田ドライビングスクールの小河二郎会長は、なぜ教習所を設立したのかということについて、こんなことを語られていました。

「地元の島根の若者の多くは、学校を卒業すると東京へと出て行く。その時に運転免許があれば、田舎の人間でも都会の人間に伍して東京で働き口を見つけられる。だから教習所だったのです。」

創業の動機からして完璧に利他だったという訳です。素晴らしい理念です。創業したのは1964年、まだまだ当時は免許取得者は希少価値がありました。東京に出て行った地元の若者にとって、強力なセールスポイントになったであろうことは容易に想像できます。

しかし、時代は免許を持っていて当たり前の時代へとなっていきます。地元の若者だけを顧客にしていては、事業の継続が難しくなるのは明白でした。そこで合宿制の免許取得サービスを業界で先んじて展開したのでした。そして、今のような運転免許という技術に加えて人間力という精神もまた身につけられるような付加価値を生んでいったのですが、それについては「心の時代の到来を感じて、こういう経営になっていった。」と語られていました。

「せっかく合宿で全国の若者を15日間お預かりするのだから、せめて挨拶のできる人間になって帰っていってもらおう。」と挨拶を教え始めたのです。これもまた動機が利他であるということがわかります。大切なことを学ばせていただくことが実に多い企業であると感じました。

卒業生はこんな感想を寄せています。

まさか免許を取りに行って、こんな経験が出来るとは思わなかった。いつの間にか心を磨いている自分に気づかされるトイレ掃除、お茶室で一期一会の心を学ぶ和の時間、特技を披露する『チャレンジ祭り』…。そして教習生やインストラクター、地域の方など約200人で肩を組み、円つくって飛び跳ねながら歌ったMランドのテーマ曲『ソウルメイト』。卒業の時は涙が止まらなかった。Mランドは人生を豊かにするのに必要な、人とのつながりの大切さを教えてくれた。

小河会長は最後に「Mランド出身者から自殺者を出すのは恥ずかしいこと」と口にしました。事業を通じて自殺防止にまで寄与貢献していくことを志しているのでした。素晴らしい仕事をされているとただただ頭が下がりました。



新SVC通信 第381号(2011.04.18)より

【配信ご希望の方へ】

『新SVC通信』は毎週月曜発行です
無料配信のお申し込みはこちらから

■益田ドライビングスクール(Mランド)(小河二郎代表取締役会長)
本州最西端に近い島根県益田市にある自動車教習所。1964年創業。通称Mランド。減少が続く市場において日本全国から受講生が集まり、年間約6000人もの卒業生を送り出している。独自通貨やトイレ掃除などを通じ、従業員のみならず受講生にまでその理念を浸透させている。

※オフィシャルサイト
http://mland-masuda.jp/
  • 前へ
  • 一覧へ戻る
  • 前へ