株式会社植松電機|企業名|人本経営企業のベンチマーク|株式会社シェアードバリュー・コーポレーション

人本経営企業のベンチマーク

株式会社植松電機

植松電機編

「次にどんな企業が紹介されるのか、とても楽しみにしています。」という声までいただくようになった当シリーズですが、今回もとてつもないことをしている会社を紹介します。

北海道赤平という財政難で苦しむ僻地で、なんと宇宙開発に取り組んでいる町工場があるのです。その会社の名は株式会社植松電機といいます。2000年に父親が細々と経営していた自動車修理の会社に専務(2016年に代表取締役社長に就任)として経営参画した植松努さんが今回の主人公です。2006年12月には株式会社カムイスペースワークスを設立し宇宙開発事業に取り組んでいます。

この植松さんの理念は、『「どーせ無理」という言葉を世の中からなくすこと』なのです。それを実現するために、宇宙開発を目標ではなく手段として行っているといいます。そのココロは『宇宙には簡単にいくことが出来ないから、誰もがあきらめてしまいます。みんながあきらめてしまう夢を「そんなことないよ」と言って実現できれば、あきらめない人が増える』という信念で経営をしているのです。

凄い経営者がまた日本にいました。すでにポリエチレンを燃料にした爆発しても安全なCAMUI方式ロケットエンジンを開発し、人工衛星の打ち上げや全長5メートルのロケットで音速を超えることにも成功し、工場内には世界で3ヵ所しかない無重力実験施設を備えるところまで事業を進めています。

植松さんは、小さい頃から飛行機やロケットが好きで、紙飛行機の作成にのめり込んで、自分で設計して作っていたそうです。そんなことばかりしていたので学校の成績は最低だったそうで、中学校の進路相談で「飛行機やロケットの仕事がしたい」と言ったところ、「ばかじゃないの?お前の頭で出来るわけないだろう?この町に生まれた段階で無理だわ」と進路の先生に言われたのだそうです。「飛行機やロケットの設計は、東大出じゃないと出来るわけがない」というのです。

普通であれば、ここでめげてしまうに違いありませんが、植松さんの考え方が凄いのです。無理だと言われたときに、ライト兄弟が「僕たちは東大に行っていないよ」と心の中でささやいたというのです。そして先生の言葉を無視して、飛行機やロケットの勉強を独学でし続けたといいます。周りからは「そんな趣味は無駄だ!受験に関係のないことをするな!」と言われ続けたそうです。

その後、願い叶って希望の北見工業大学に進学し、流体力学を専攻したのだそうですが、そこで待っていた学問は、なんと馬鹿呼ばわりされながらもずっと続けてきた勉強そのものだったということで、大学では流体力学で苦労することはなく、多くのことを学ぶことができたといいます。そして教授に可愛がられ、結果として希望していた航空機の設計の仕事に就くことも実現させています。

信じる力が理念に無限の可能性を与える

植松さんは、話をするとよく「理想論だよ」と言われるそうです。しかし、「理想論」で植松電機を成り立たせていると言い切ります。「理想」とは、届かないからといってあきらめるために存在するものではないという信念をもち、何かやろうとして、誰かに「どうせ無理じゃないの」と言われたら、「どうやってやるか考えてみて」と言えばいい、そうすると必ず問題は解決すると考えているのです。理念経営を貫く経営者の共通項に「信じる力」の強さということがありますが、植松さんは、まさに、飛びきり強烈な「信じる力」をもって生き抜いていると感じます。ぜひとも学びたい姿勢です。

植松電機は以下の経営方針を掲げているのだそうです。

1.稼働率を下げる 2.なるべく売らない 3.なるべく作らない

この意図するところを書籍から抜粋します。

この経営方針のおかげで、売り上げも順調です。2004年あたりから、僕は全く会社の仕事にタッチしていません。でも売り上げはどんどん増えています。売る努力をしなくても売れるのです。多くの会社は、稼働率100%を目指しています。よく考えると稼働率100%ということは、新しいことができないということです。新しいことができないということは、能力が向上しないということです。でもすべて言い訳できます。新しい仕事がないことに関しては「だって忙しいもん」と答える訳です。能力が向上しないことに対しては「稼働率100%だよ。これ以上何をしろというの。今のままでいいんじゃない。」と言われてしまいます。ただ『一』は、いくら掛けても『一』にしかなりません。今の能力、今の設備、現在の値でできることを精一杯稼働しても、そのまま百万年やっても、何も進化しません。大切なことは稼働率を下げることです。稼働率が下がることで、時間が余ります。余った時間で、やったことのないことをやればいいのです。やったことのないことをやると、新しい能力が手に入るのです。大事なことは、お金で計ることが出来ない能力なんです。それが最高の競争力です。可能性というのは現在の値ではありません。これからどれだけ変われるか、という値です。未来の値です。

経営的には常識といわれていることをことごとく逆に行っているように感じますが、考え方は真理をついています。真理をついているから、ぶれずに行動が実践でき、そして結果がついてきているのだと考えられます。これこそが「理念のもつ無限の力」であるといえるでしょう。この植松さんが考えている今後のビジョンがまた素晴らしいのです。そして、これだけの信じる力があふれている方ですので、本当にそれが実現され、世の中が変わるかもしれないと期待とともに応援をしたくなってしまいます。

住むためのコストを10分の1にする
食うためのコストを半額にする
学ぶためのコストをゼロにする


これが、植松努さんの10年後のビジョンだといいます。建設コスト1/10の建築システム、食費1/2、大学の授業料がゼロの社会を本気で作っていきたいと思っているということです。

家のローンに人生を縛られず、学びにお金がかからず、食べ物を無駄にしない社会です。できるわけがない、と思う人がいればいるほどラッキーです。だって、僕らが現実にしますから。そしたら僕らの一人勝ちじゃないですか(笑)。この夢を実現するためには、自ら考えて行動する人材が不可欠です。その人材は、カムイスペースワークスが、宇宙開発という夢を通して育てるのです。ですから、夢の種として、宇宙開発もしっかりと事業化しなければなりません。「お金という価値だけに支配されない、人間の価値を大切にする社会」そういう社会の構築が、僕の目指す10年後です。学問も、学歴も、お金も、資格も、すべては、やりたいことを実現するための手段でしかないのに、いつの間にか、本当にやりたいことが見つからなくなって、手段が目的になってしまった今の社会、そういう間違った世の中の価値観を、ボカンとひっくり返したい。

なんという志の高さなのでしょうか。この夢の実現に向けて、植松電機の隣の土地を購入し、子供たちに学びを体験させる施設をつくるための設備投資を今しているということです。植松さんなら本当に実現させてしまうのではないかという可能性を感じてしまいます。これから、何か一つでも、この壮大稀有な夢の実現に向けて協力が出来ることを発見し、実践していこうと私たちも決意しました。植松電機、カムイスペースワークスを応援していきます。

この植松電機の採用条件がユニークです。

喫煙経験がないこと
ピアス、茶髪など不可
右利きであること
金属アレルギー、腰痛などの慢性的持病がないこと


当社が求める人は、物事に真摯に取り組もうと(取り組んでいる)している人です。形や流行にとらわれず、しっかりと自分を持ち、人として正しい行いをしている人です。聖人君子でなければならないかというとそうではありません。物事の本質を見極めるという意味で、技術と人の道は共通するものがあります。それをわかり得る人に期待し、一緒に働きたいと考えています。
上にある条件は厳しいと思われるかもしれませんが、喫煙や、ピアス、茶髪などを「かっこう良い」という価値観で行っている人は、私たちは望んでいません。あくまでも、自己のポリシーや生き方の表現は、見てくれではなく、行動によって表現するものだと考えています。
多くの工具や機械加工設備が右手用に作られている現状から、安全面を考慮して右利きを必須としています。私たちは、単に利益を上げるために働くのではなく、次世代を担う子供たちのために、胸を張って、見本となるような生き方をしなければなりません。食い扶持のためでなく、自身の誇りと喜びのために働けるチャンスのある会社です。私たちは、単なる「人材」ではなく、「善く生きる仲間」を必要としています。共に、成し遂げる喜びを探してがんばりましょう。


ここまではっきりと来てほしい人材像を打ち出すと、そりが合わない価値観の違う人材を雇うリスクはほとんどなくなるのではないでしょうか。理念経営は採用にこだわるという特色をここでもみることができました。最後に恒例となっている心に残る言の葉を綴ります。

勇気が出る植松語録


価値を生むことに使えば、お金というものは絶対に減らないんです。

僕たちはこの宇宙開発をやったときに、やったことがないことばかりでした。世界初に近いことをやっているわけですから、やったことがないことをすることは大変でした。でも、そのときに必要だったのは、資格でも知識でもありませんでした。「今よりどれだけ学ぶことが出来るか」という能力だけでした。変化できる能力だけが必要なんです。

やったことがなければ、やればいいだけです。知らなければ、知ればいいだけです。『やる』と『知る』だけで問題は解決します。そして、やりたいことがあれば、当事者に聞けばいいのです。やっている人にしか聞いちゃいけません。やっている人の話を聞いて『知る』ことを学べばいいのです。やりもしないであきらめてはいけないのです 。

大事なことは、「大好きなことを作る」ことなんです。「大好きにのめり込む」ということなんです。大好きなことがあれば、たくさん本を読んで、自分で考えて試したら、その道が必ず世界初につながってゆくのです。

「何が問題なのかな?」「今の方法で何がダメなのかな?」「どうしたらいいのかな?」「こうしてみたらいいのかな?」「じゃあ、試してみるか」ということで、新しいビジネスが一つ生まれるんです。新しい市場が生まれます。

「不景気だ」「仕事がない」と嘆く人がたくさんいます。でも仕事がないということは、余っている時間が必ずあります。時間があるということは、新しいことを始めるチャンスなのです。

これから必要なことは『ゼロ』から『一』を生み出す人です、生み出すものが『十』や『百』でなくてもいいのです。

夢は一つではだめ。夢はたくさんあった方がいい。夢がたくさんあったら、ひとつくらいくじけても、へこたれないからです。



新SVC通信 第264号(2008.11.17)より

【配信ご希望の方へ】

『新SVC通信』は毎週月曜発行です
無料配信のお申し込みはこちらから

■株式会社植松電機(植松努代表取締役)
植松電気は植松清氏が1962年に芦別市で開業。炭鉱用の特殊機械や車両電装備品の修理を担って来た。その時に培った技術を基に、建設ショベルに取り付ける超軽量マグネットの開発に成功し、今ではリサイクル用バッテリー式マグネットシステムの国内トップシェアを誇っている。そして、某大企業で航空機の空力設計に従事していた息子の努氏が帰郷してからは宇宙産業にも参入し、北海道の代表的なパイオニアとして『未来』を切り開いている。
※オフィシャルサイト
https://uematsudenki.com/

■株式会社カムイスペースワークス(植松努代表取締役)
ロケットエンジンや小型人工衛星など、宇宙開発事業を手掛ける企業。2006年に、植松氏と永田晴紀北大大学院教授(航空宇宙工学専攻)により設立され、植松電機は、同教授が発明したハイブリッドロケット「CAMUIロケット」の研究開発を技術面でサポートしている。ポリエチレンを燃料とするCAMUIロケットは、小さく安価でエンジンが爆発しない安全なロケットとして注目され、早くも07年には、全長5mの機体打ち上げに成功。植松電機の敷地内には、自社以外の研究者も活用できる研究棟や世界でも稀な無重力実験施設が備えられ、その技術力や設備の充実に信頼を寄せるアメリカの企業の要請で、次世代スペースシャトルの共同研究も行われているほど。
※オフィシャルサイト
http://www.camuispaceworks.com/index.htm

※参考文献
講演録『植松努 信じる力~大好きな人の笑顔だけで人は幸せになれる』(NPO法人読書普及協会発行)
『NASAより宇宙に近い町工場』 植松努 著

※植松努さんの講演の模様(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=gBumdOWWMhY
ぜひ一度講演会に参加してみてください。すごく心が洗われます。
  • 前へ
  • 一覧へ戻る
  • 前へ