第818号 神様が応援したくなる会社 ヴァンサンカン|2020|新SVC通信|株式会社シェアードバリュー・コーポレーション

新SVC通信

2020/01/27

第818号 神様が応援したくなる会社 ヴァンサンカン

「人を大切にする会社」に関するトータル情報誌
新SVC通信 第818号



神様が応援したくなる会社 ヴァンサンカン

 

「人を大切にする経営」実践企業の研究44


前号より続き)

■原点回帰

もう一回やり直そう。石原代表は、急成長の結果、理想とかけ離れてしまった現状を見つめなおし、断腸の思いで旧店を閉鎖し、一店舗体制にすることを決断しました。多店舗化2年半後のことでした。もう一度、「恕の精神」で一人ひとりのお客様に向き合い、わたしが通いたい店にしていこう。大切なことは、この仕事が世の中に必要かどうか。そして楽しくなければつまらない。「ねばならない」で動き、周りをしばっていたことを反省し、社員と思いを一つにするのは大変だけれど、人に喜んでもらうことで、いちばんテンションが上がる自分を取り戻すために原点回帰していきました。

■伝えたら、伝わってきた

もっとしてあげたい、売るではなくて「これがあるといいね」という気持ちで仕事をしていくとお客様はすごく安心、そして商品に対して信頼してくれる。そして、それはそこで長時間働くスタッフたちにとっても心地よい空間になるはずと考えました。スタッフ一人ひとりが自分の力でリセットできるような暮らしがおくれる職場は、人が育つことにつながる。それは、いい商品づくりにも好影響が及ぶ。形だけの成功を投げ捨てて、社員と分かち合い、うそがないこと、言っていることとすることが一致するよう行動していきました。正直でいよう、間違いは謝る。このことを伝えていったら、スタッフから伝わってきたといいます。まさしく本気の行動が周りの共感共鳴を呼び起こしたということでしょう。

■年輪経営を貫く

再び事業が順調になった頃、フランチャイズで全国展開しないかという話が舞い込んできました。並みの経営者なら身を乗り出すところ、年輪経営の重要性を身をもって認識していた石原代表は揺るぎない行動を実践します。身の丈でない儲け話には首を縦に振らない自分を取り戻していたのです。儲かったとしても、またあの急成長のころのつらい思いや楽しくない日々を思い出し、自分がやりたくないと感じられたといいます。この時、心がどうありたいかが大事だと深く感じたといいます。

■いい会社にしても毎日いろいろ起きる

どんなに「いい会社」をつくったとしても、毎日毎日いろいろなことが起きてきます。大切なことは、日々、失敗もいっぱいしながら、皆でどうしたらいいか、次はどうしていこうと相手を思いやっていくことだと体験的に語られています。そうして一人ひとりの心の許容を広げていく場数をこなしていくことで組織風土に磨きがかかってくるのです。悩んでも人本で進んでいくことにぶれない法則、これは本当に重要な心がけであると改めて感じさせてもらいました。

■幸せ軸の決断

全員が女性社員だけの職場の宿命といえますが、一人またひとりと産休・育休に入るスタッフが増えていきました。どうやりくりしてもシフトが回らない状況になっていきます。このまま営業を続けていったら、現場がもたない。石原代表は、損得勘定はもちろんしましたが、残業はやめようと決め、行動しました。お金をたくさん使ってくれる客層は多いけれど、夜9時までの営業時間を7時までにすることにしたのです。お客様には申し訳ないけれど、一人のスタッフが抜ける方がよくないと、人を大切にする軸で判断した結果でした。この時のことを石原さんの右腕、そして支援型リーダーとして活躍する川口悦子さんは次のように語ってくれました。「石原代表は、スタッフが不安になる前に行動している。だからスタッフが会社のことを思い行動するようになっている。営業時間短縮の件もそうで、皆で話し合い、協力し合おうと団結して、週一、金曜日はナイトデイとして9時まで営業したいといい行動してくれた。朝1時間早く開店するといったアイデアも出し合って、失うはずだった7割のお客さんをカバーした。」

毎日いろいろなことが起こっている、でもそれが上がってくることがいい状態という川口リーダー。人の問題は、相手の立場を慮り、「何ができるかな」「どうしたらいいかな」と心の状態を同じにして考えているといいます。それは相手が大切にされているからこそ同じになれるのだと感心させられました。

最後に、人本経営を志す人たちへ、石原代表からいただいたメッセージは暖かく強いものでした。

「当たり前の水準を高くする。こちらの出番がもっと多くなるように寄り添える機会を研ぎ澄ます。なくてはならないホンモノになる。そしたら面白い。時が変わっても、人が変わっても、選ぶことをしよう。神様が応援したくなる方へ。」


【SVCからのお知らせ】――――――――――――――――――

★『人本経営まつり2020』いよいよ開催間近!
開催日:【東京会場】2020年2月4日(火)/【大阪会場】2020年1月31日(金)
年始のSVC恒例行事「人本経営まつり」、2020年も元気に開催します!
テーマは「時代のど真ん中 人本経営 ―人本経営でSDGsを実現する―」
人本経営でSDGsをどう実現していくのか、スペシャルゲストの講演とともに考えてまいります。
ご好評につき『メルマガ読者無料キャンペーン』を実施中です。
参加費3000円のところ、メルマガ『新SVC通信』を配信中または新規お申し込みいただいた方は無料でご参加いただけます。

『人本経営まつり2020』特設サイト
http://www.keieijinji.com/event/?id=1574305629-129517


★『人本経営実践講座2020』募集開始!
開催日:【東京第7期】2020年4月22日(水)~/【大阪第6期】2020年4月25日(土)~
カリキュラム刷新!
人を大切にする人本経営の伝道を天命にしている小林秀司が入魂する10か月。
株式会社シェアードバリュー・コーポレーションが絶対の自信をもってお届けする「いい会社」の実現を叶える学びの場です。
小林秀司からのメッセージです。
「カリキュラムを刷新し、さらに実践性を発展させました。必ず、参加してよかったと感じていただきます。2020年代を経営者、リーダーとして自信に満ちて歩んでいけるようになります。どうか貴重な時間を私たちに賭けてください。」

『人本経営実践講座2020』特設サイト
https://www.keieijinji.com/event/?id=1578701565-621016


★『CHO養成講座 2』継続開催決定!
開催日:2020年3月12日(木)~ 全8回
大好評 継続開催決定!
第1回開催のCHO(チーフ・ハピネス・オフィサー)養成講座は大変ご好評をいただきました。そのため、引き続いて第2回目の講座を開催させていただく運びとなりました。
精鋭講師陣による、目からウロコが落ち続け、幸福度が満たされた組織風土改革への確かな手応えと実践手法の数々の学びを得る体験をぜひ!

『CHO養成講座 2』特設サイト
https://www.keieijinji.com/event/?id=1578713648-981147


★新企画『人本経営ベース「経営計画作成講座」』
開催日:2020年3月19日(木)・20日(金・祝)※2日間
小林秀司×安野広明の強力コラボ企画が実現!
シェアードバリュー・コーポレーション実施の社員意識調査で、9割の社員が「会社の経営理念・経営方針に共感できる」という結果を自社で記録した株式会社ビジネスプランの代表で公認会計士の安野広明さんが熱血指南します!2日間で経営計画発表会が開催できる事業計画の骨格づくりの実現を目指します

『人本経営ベース「経営計画作成講座」』特設サイト
https://www.keieijinji.com/event/?id=1578735718-345732


【配信のお申し込み】――――――――――――――――――

SVCでは、「人を大切にする会社」に関するトータル情報誌として、毎週「新SVC通信」を発信しています。
無料配信のお申し込みはこちら


  • 前の記事
  • 一覧へ戻る
  • 次の記事