大里綜合管理株式会社|企業名|人本経営企業のベンチマーク|株式会社シェアードバリュー・コーポレーション

人本経営企業のベンチマーク

大里綜合管理株式会社

大里綜合管理編

いい会社を相当数追いかけてきており、だいぶ目が肥えてきているとは思いますが、世の中にはまだまだ底知れない優良企業があるなと感じさせる会社に出会いました。その会社は、大里綜合管理株式会社といい、千葉県は大網に所在します。社員数35人、年商約6億円の会社です。

同社は不動産業を営んでいますが、本業ではない社会貢献事業に中小企業とは思えないほど精力的に取り組んでいます。その数、なんと140ものプロジェクトにのぼります。なぜそんなにも多くの社会貢献活動に取り組んでいるのかというと、「一隅を照らす」という経営理念の存在によるところが大きいようです。

「一隅を照らす」という理念について、同社のサイトではこのように説明をしています。

『生きていることに、めぐりあえたことに感謝し、お役に立ちます・・・。今こうしてこの時代に一緒にいられること、喜びや悲しみを分かち合えることに幸せを感じます。この幸せが無数の人々への感謝の気持ちに変わり、小さな力ですが、その限りを尽くしてお役に立ちたいと思うのです。感謝の気持ちに裏付けされた「お役に立つ」という一人一人の命の輝きこそが、「一隅を照らす」ことだと考えています。』

なんとも爽やかな思いが伝わってきます。野老(ところ)真理子社長は、母、セヨ子さんが設立した同社を平成5年、34歳の時に引き継ぎました。「私が、大学を出て母の会社に正式に入社したのは25歳の時でした。高校のころから10年間もアルバイトをさせてもらっていたので、母の会社をいい会社だなと思うようになっておりました。」とは野老社長の弁。

不動産業はまさに景気連動型業種の典型であると思えますが、有力な企業が倒産していくところを目の当たりに見てきたという野老さんは、一時の利益に目がくらめばたちまちパンクすると戒めて、地域に根差した、なくてはならない会社になることを経営理念に込めて年輪経営を重ねてきました。母親は会社経営はあくまでも家族を養うため、5人の子どもを育てるための手段でしたが、野老社長にとっては会社は社会の公器であり、継続することが使命だと考えています。利益追求だけではなく、企業と地域社会の融合を図り、地域貢献をしながら利益を上げるのが会社であると考え、現在の経営スタイルを築き上げていきました。他の理念経営をしているケースがそうであるように、社長を引き継いだ後、そうした価値観になじめない社員が半分くらいは退職していったそうです。

育児と仕事の両立という最難関の課題を克服

それではどのような活動をしているのか紹介していくことにしましょう。最もすごいと感じたことは、子育て支援の充実ぶりです。支援というよりは、会社がともに社員の、そして地域の子どもたちを育てているというほうが正確かもしれません。

「学童保育」というプログラムがあって、親が共働きの子どもたちは、学校を終えると、「ただいま」と言って、この会社に帰ってくるのです。月曜から金曜まで、毎日午後7時までは、会社が保育園や学童クラブの役割も担い、社員の子どもたちだけではなく、地域の子どもたちを受け入れているのです。土曜日は別に土曜学校というクラスもあります。子どもたちは、社員の仕事の邪魔にならないように、上級生が小さな子どもたちの面倒を見ているそうです。

また、この会社では子連れの出勤も珍しくありません。普段は託児所に預けていても、子どもが風邪気味の時などは預かってもらえません。そういう時は子どもを職場に連れて来てもいいということになっています。職場では、手の空いている社員たちが交代で子どもの面倒をみています。朝礼の時に社員の周りで子どもがはしゃぎ回っているのだそうです。年中、子どもの声が聞こえている会社なのです。多く企業をみてきて、育児と仕事の両立ほど難しい課題はないと感じていますが、この課題を見事にクリアしているのです。これはすごいことだと感じます。

野老社長は語ります。

「自分が働きながら3人の子どもを育ててきましたから、働きながらの子育てはいかに大変かよく分かるんです。子どもを保育園に預けて帰ろうとすると、泣いて追い掛けてくる、その時の切なかったこと。そのころから、自分が社長になったら、働きたいという親の意思と子どもの心を大切にする会社をつくりたいと思っていました。」

社員のお一人はこう語ります。

「うちの子どもが小学校のころから大里の学童保育でお世話になっていたんです。私はパート社員として工場で働いていたのですが、どんなに助かったか分かりません。野老社長のほうから、「うちで働いてみませんか」と声を掛けていただいた時は、正式に働けるなんてうれしくて、二つ返事で承諾しました。そんなわけで、自分の息子が地域貢献活動のおかげで育ってきたようなものですから、今はほかの子どもさんたちの世話をすることは少しも苦になりません。それにこの会社は、一応、それぞれの担当はあるものの、手が空いている人はいつでも同僚の仕事を引き受けて、お互いに助け合う体制ができているんです」

見事な恩送りの関係性が築かれています。学童保育のほかにも、コンサート、寄席、ギャラリー、地域の掃除、道路の管理(植え込みの剪定や下刈りなど)、通学路の安全誘導、交通整理、球根植え、各種の語学講座、宅建や測量士のためのセミナー、歩け歩け大会の実施、バスツアー、料理教室、地域づくりの塾開催、手話のおもてなしプロジェクトなどの社会、地域貢献活動を手がけています。ここまで徹底した活動をすれば、地域では絶大な信頼を勝ち得ているであろうことが容易に想像できます。

本当に最初からこんな経営が志せていたのか尋ねてみたところ、あるきっかけがターニングポイントになったと打ち明けてくれました。それは、社外活動をしていたときに、たまたま通りかかったバイクが接触事故を起こし、運転手が即死するという死亡事故が起きたのだそうです。そのときに活動が不十分だと悟らされ、亡くなった方の命を預かっているという気持ちでその後の貢献活動にますます力を入れていくようになったのだそうです。

とても一枚では書ききれない大里綜合管理の取り組みです。今後も継続研究していきます。



新SVC通信 第346号(2010.07.26)より

 

【配信ご希望の方へ】

『新SVC通信』は毎週月曜発行です
無料配信のお申し込みはこちらから

■大里綜合管理株式会社(野老真理子代表取締役)
不動産業。昭和50年7月設立。年商6億。従業員数は35人(正社員16人、非正社員19人 ※平成19年10月現在)。自己管理、自己責任のもと一人ひとりの努力と助け合いで仕事と子育てを両立させるという会社の方針があり、学童保育や短時間勤務、一時帰宅等互いに助け合う社風を確立し、自然な形で両立支援を行っている。また、社員だけではなく地域の子ども達にも開かれた学童保育を始め、地域と一体となった140を超える地域貢献活動を通じ、地域づくりを推進している。

※オフィシャルサイト
http://www.ohsato.co.jp/
  • 前へ
  • 一覧へ戻る
  • 前へ