「いい会社」に共通する特徴とは|株式会社シェアードバリュー・コーポレーション

「いい会社」に共通する特徴とは

いい会社の共通点

強く、たくましく、そして人にやさしい。
全国各地で頑張っている、そんな「いい会社」を発掘して世の中に発信していきます。
模範になるような、そんな「いい会社」の経営手法を徹底的に研究しています。
自分たちも、そんな「いい会社」になりたい会社の応援をしています。

私たちSVCでは、想いを実現させるための事業活動を営んでいます。
「いい会社」と言われる企業や法人の経営手法は100社あれば100通り存在します。しかし、そのあり方はひとつといって差し支えないほど共通していました。

それは人を大切にする「人本経営(じんぽんけいえい)」を実践し、成功しているということです。

人本経営・人本主義とは

人本経営とは、企業経営に近い順、すなわち、社員(含む家族)、取引先(含む家族)、お客様、地域社会の住民、株主という優先順位でこれらのステークホルダーの幸福増大を目的とし、その実現により支持を得て好業績という結果を持続的につくりだしていく経営のあり方のことです。また、人を大切にする志向を本気で優先していくことを人本主義といいます。

これまでは、拡大再生産を目標とし、急成長をよしとする業績追求型の売上至上主義の経営が主流でした。この経営手法における優先順位は、投資家・資本家→お客様→社員→下請け→地域社会となりますので、人本経営とは考え方が大きく異なります。

ほぼ真逆となるステークホルダーの優先順位

売上至上主義の業績追求型の経営 人本主義の幸福追求型の人本経営
投資家・資本家→お客様→社員→下請け→地域社会 社員(含む家族)→取引先(含む家族)→お客様→
地域社会の住民→株主

「いい会社」視察でわかったこと

人を大切にする「いい会社」には、人本経営に成功している会社が多く、経営面に驚くほど酷似した特徴が存在していました。一例として、以下のような共通性がみられます。

「人本経営」のあり方(法則性)の例
● 経営陣が本気で人を大切にする理念経営を実践している
● 社員幸福度の向上で顧客満足が高められ、結果として業績も向上している
● 正社員比率が高く、長時間労働を前提としていない
● 採用では才より徳を優先、そして価値観への共感度を重視している
● 弱点克服よりも社員の長所、強みを活かす人財養成を重視している
● 現場主義が徹底されていて、顧客の喜びを自身の喜びにできている
● 対話(朝礼など)が活性化しており、何でも言える環境がある
● 家族的絆力をベースにした全員参画型経営を実践している
● マネジメントの重点は管理ではなく支援に置いている
● 直接的、人的な社会貢献性が高い
● 急成長を戒め、長期視点の経営(年輪経営)を意識して実践している
● 制度よりも風土、企業文化を重視している……etc .

これまでに常識とされてきた企業経営のあり方とは、
だいぶ違うということがわかります。

こんなに違う人本経営の組織的特色

業績追求型の経営と幸福追求型の人本経営では、経営のあり方が真逆に近く、日々にじみ出てくる組織的特色も、同じ時代に存在する会社同士とは思えないくらいに違っています。表にしてみると一目瞭然です。

こんなに違う人本経営の組織的特色
業績追求型組織(旧)
バブル前の日本的経営
業績追求型組織(新)
バブル後の成果主義経営
幸福追求型組織
人を大切にする人本経営
経営課題 右肩に上がること 勝ち組になること 幸福になり幸福をつくること
経営スタンス 中期計画立案と実行 トレンドを読んだ経営戦略 経営理念の浸透
重視する指標 売上高・利益 株価 顧客満足度が測れる数値
従事関係 ピラミッド型労使関係 プロジェクト関係 同志関係
帰属意識 高い/ロイヤリティ 低い/エンプロイアビリティー とても高い/エンゲージメント
最優先満足 顧客満足 株主満足 社員とその家族の幸福度
営業スタイル ノルマ重視(結果重視) 目標管理(プロセス重視) ノルマなし(未来投資重視)
成長の仕方 景気に左右 急成長 安定成長
取引先関係 かんばん方式 アウトソーシング 協働
上場意識 重視する 極めて重視する 特段重視しない
人事マネジメント 管理と統制 自由と自己責任 モチベーション向上の支援
社員の行動規範 服務規律 契約概念 クレドなど共通の価値観
労働紛争 労働組合による団体交渉 個別労働紛争が頻発する 生じる余地がない
仕事のイメージ 義務感 プレッシャー感 ワクワク感
人事考課・人材育成 業績・技術力重視 成果・仕事力重視 情意・人間力重視
インセンティブの源泉 会議・職位 ストックオプション やりがい

これからの時代にどの組織が求められ、そして永続していくかは明白ではないでしょうか。人手不足が常態化した社会では、人はまさしく財産となり、希少な資源となってきます。人を大切にする「人本経営」を実現させることで、持続可能な経営を目指していきましょう。

当サイトでは、人本経営を実践している「いい会社」を検証し、どうすればそうなることができるのか実践論を展開しています。

さらに株式会社シェアードバリュー・コーポレーションでは、「社員に笑顔を、会社に輝きを」を合言葉に、一社でも多く、人を大切にする「人本経営」を実践し、輝きを放っていただけるよう様々なサポートを行っています。